XAMPPを開発で利用するとき、実際のURLで本番⇔開発環境を手軽に切り替え可能な方法について、具体的な設定方法を公開します。
この方法の概要やメリット・デメリットはWebに公開されていないXAMPPの超便利な使い方 ~1/2~を参照。

CAUTION!!!
この方法を導入すると、開発フェーズによってはURLが同じだけに、ブラジングしている環境(本番 or 開発)を間違える可能性が高くなります。
ご注意ください。

ちなみに、WordPress用プラグインのNichePatchでは次回v.0.70リリースでこのあたりを、ちょっぴり気持ちよく(と思っているのは本人だけかもしれない)解決しています。お楽しみに。

0.前提事項

すでにXAMPPがインストール済みで、問題なく動作していること。
※XAMPPのインストール方法はhttp://phpspot.net/php/pgXAMPP.htmlが良いと思います。

XAMPPおよびアクセスするクライアント(ブラウザ)は、自PCのみか、イントラ内の場合は、XAMPPを立てるPCが固定IPであることとします。
(XAMPPを立てるPCのIPアドレスがDHCP割り当てだと、当然ですがクライアント側はProxy設定を都度変更する必要があります。)

また、XAMPPはWindows版のv.1.7.0とします。
[2009.08.26追記]
v.1.7.2でも確認済みですが、php.iniのデフォルト変更があったようなので、もし既存スクリプトでPHPエラーが発生する場合、XAMPP 1.7.2のデフォルト値変更で気をつける点を確認してみてください。
ちなみに、このサイトで公開しているNiche Patchでは、デフォルト値変更で不具合が出るので、設定変更が必要です。
なお、以下についても、v.1.7.2ベースで多少リライトしています

1.Apache Proxy

httpd.confでApache Proxyを立てる設定を追加します。
ここでは、例としてこのサイト(http://typista.it-creates.com/)をC:\xampp\htdocs\typista\で動作させるものとして記述しますので、適宜読み替えてください。
また、ダブルクォート等がWordPressの機能で勝手に全角に変換されてしまっているので、充分注意してください。

(1)Proxy関連モジュールのLoadModuleをコメント化解除(デフォルトの112~116行目付近)

※Apacheは詳しくないので必要そうなもの(かつv.1.6.0ではProxy系モジュールすべてをL0adしても問題なかったがv.1.7.0ではこれ以外のものをLoadするとApacheがコケるので最低限・・・XAMPPがVistaだったからかもしれませんが)

(2)DocumentRootを確認(同180行目)
DocumentRoot “C:/xampp/htdocs/”

(3)Proxyを立てるおまじない(v.1.7.2ではextra配下にhttpd-proxy.confがあるので、そこが適当でしょうか。)

(3)’ Proxyを立てるおまじない②

Listenポートの追加(httpd.conf)

リバースプロキシ用VirtualHostディレクティブの追加(httpd-vhosts.conf)

(4)バーチャルホストの追加(httpd-vhosts.conf)

(5)XAMPPのコンパネからApacheを再起動

WordPressフォーラムに(やや見当違いな)質問をしましたが、上記(3)’ と(4)のように設定しないと、サーバ環境変数のREQUEST_URIが、http://typista.it-creates.com/hoge.php(本来は/hoge.phpを期待)となり、WordPressのインストール途中から(スタイルシートのリンクパスが不正になり)体裁が崩れるだけでなく、インストール完了後も、ほとんど正しく機能しません。

蛇足ながら、XAMPPでWordPressをインストールする際に、最後のadminパスワード発行でブラウザが無応答(永久ループ)になってしまう&adminパスワードがわからなくなる不具合がありますが、これはsmtpサーバを正しく設定することで回避可能でした。

2.クライアントブラウザ設定

(1)FoxyProxy(FireFoxのアドオン)

ダウンロード
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/2464

上記をインストール。インストール時に「torが~」というのは無視してもよさそうです。
以下、FoxyProxyの設定手順。

①FireFoxのウィンドウ右下に追加される「FoxyProxy」をクリック
②「FoxyProxyオプション」ウィンドウの「プロキシ」タブで「新しくプロキシを追加」をクリック
③「全般」タブの「有効」をチェック、プロキシ名は任意(ここではtypista開発用Proxy)
④同「プロキシ詳細」タブで「手動プロキシ設定」をON、ホスト名/ポートはそれぞれ「localhost」/「80」を入力
※イントラネット内で他PCからもアクセス可能とするためにはホスト名にXAMPPを立ち上げるPCのIPアドレスを入力します。
⑤同「URL Patterns」では「新規パターンを追加」をクリック
⑥「パターンの追加・編集」ウィンドウでパターン名/URLパターンをそれぞれ「typista」/「http://typista.it-creates.com*」(ワイルドカード指定の「*」アスタリスクは重要です!)と入力し、OKボタンをクリック
※その他のオプションはデフォルトの「ホワイトリスト」「ワイルドカード」で問題ないです。
⑦「FoxyProxyオプション」ウィンドウに戻り、モード選択を「定義済みのパターンと優先度を基にプロキシを使用する」を選択して「閉じる」

これでhttp://typista.it-creates.com/へのアクセスはXAMPP環境へアクセス可能です。
本番環境へアクセスする場合は、モード選択を「FoxyProxyを完全に無効にする」です。

(2)IEProxyOn/Offツール(IE用)

http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/net/se343745.html
※On状態のとき、現状はIEでは他サイトの閲覧不可
※On/Offを切り替えたときはIE再起動が必要なので注意
※IE系ブラウザ(SleipnirやLunascape)にはすべて適用されてしまうので注意

インストール不要の実行ファイルなので、簡単です。
あとはIEの「ツール」→「インターネットオプション」→「接続」→「LANの設定」→「LANにプロキシサーバーを使用する」をチェックし、アドレス/ポートにそれぞれ「localhost」/「80」を設定しておくこともお忘れなく。
※イントラネット内で他PCからもアクセス可能とするためにはホスト名にXAMPPを立ち上げるPCのIPアドレスを入力します。

参考までに私は、「ProxyOF.exe」のショートカットを作成→IEツールバーにドラッグして切り替えしやすいようにしています。